コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

注目のプラセンタ化粧品の選び方

プラセンタ

■プラセンタ化粧品、ここをチェック!

◎何から抽出されたプラセンタか
プラセンタ化粧品の種類が今急増していますが、選ぶ際は何から抽出されているかチェックしましょう。

プラセンタの原料となるのは主に
・ウマ
・ブタ
・ヒツジ
・植物由来

の4つです。

このうち効果がもっとも高いのはウマですが、値段が高めです。

価格が安いのはブタですが、それよりも効果が得られるのはヒツジとなっています。
他にも海洋性プラセンタといい、鮭の卵巣膜を原料としたプラセンタを使っている化粧品もあります。

どの由来成分を選ぶにしろ、予算と化粧品の価格が合っているか、
安全性は確かか、品質はいいかなどをチェックするようにしましょう。

◎原料を見てみましょう

プラセンタ化粧品の原料を見てみると、アミノ酸やビタミン、ミネラルに酵素、
核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸などが書かれていることがありますが、
これらはすべてプラセンタに含まれる成長因子です。

プラセンタ以外にも、ビタミンCやコラーゲンなど、
様々な美肌成分が配合されていますので、チェックしてみましょう。

2

■プラセンタ自体をチェック!

◎プラセンタにも抽出方法がある

プラセンタには
・酵素分解法
・凍結酵素抽出法

の2つの抽出方法があります。

酵素分解法は酵素を使って有効成分を取り出す方法です。
凍結酵素抽出法は回答したときに壊れる細胞壁を用いて、
酵素をプラスして成分を抽出する方法です。

またメーカーが独自に開発した抽出方法もありますので、
2つの方法あるいはメーカー独自の方法で抽出されたプラセンタを選ぶようにしましょう。

◎濃度は十分か

プラセンタ原液を用いている化粧品がいいのですが、
抽出する際水を加えて濃度を薄めてしまっている化粧品もあります。

原液はプラセンタそのものですが、そこからさらに水などを加えずに抽出した純液もあります。
この2つの表記があればプラセンタの濃度に問題はありません。

ですがさらに濃度を高めた粉末がありますので、
可能なら粉末、純液、原液の順にチェックしてみましょう。

ただし、ほとんどのプラセンタ化粧品が濃度を記載していませんし、
含有量までは分からないようになっています。

ですから濃度にこだわりたいのであれば
原液か純液100%と記載されたプラセンタ美容液を選んでみると良い
でしょう。
またメーカーが独自に公開しているデータを参考にするのもいいです。

関連記事

review-form

Facebook