コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

驚く事実が多い!「オーガニックコスメ」

organic1

オーガニックコスメとよく聞きますが、正確にどういったものを指すのか、ご存知でしょうか。
また、オーガニックコスメだから絶対肌に良い、と思っていませんか?
オーガニックコスメを正しく認識できている人は少ないですが、正しく理解することは肌にとって大切なんです。

■オーガニック、天然由来、無添加はすべて別物

まず、そもそもオーガニックコスメとは何なのか。
それは(農薬などに含まれる)化学物質を使わずに育てられた有機栽培の植物(organic)を原料とするコスメです。

化学物質による肌トラブルの心配がなく、有機素材の自然な力を活かしてスキンケアできます。

では、コスメ売り場でよく見る「無添加」や「天然由来」のコスメはなんなのか。

「無添加」は特定の物質が使用されていないこと。(特定とは色々な物質が当てはまるので、その他の何かしらの物質が入っていることは十分にある)

「天然由来」は化学処理をされた後の天然成分のこと。(素材に化学処理など手を加えたものが成分とされる)

それぞれの意味はこんな感じなのですが、ポイントは「無添加」や「天然由来」と表記されていても、化学物質が含まれている場合があるのです。

全て体に影響ないというイメージの人も多いと思いますが、あくまで「無添加」は化学物質をできるだけ抑えている、「天然由来」は天然成分が使用されている、というものなのです。

つまり、「肌に良いもの」と認識されがちなこれらは肌に気を遣っていながら、必ずしも肌に良いとは言えないのです。

■言ったもの勝ち?「オーガニックコスメ」に基準はない

organic2

では、オーガニックコスメなら絶対大丈夫だよね?と思ったあなた。
まだ知らない事実があります。

これだけ安心の基準となっている「オーガニック」ですが、実は日本ではその基準が決まっていないというのが現状なのです。

なので、商品に「オーガニック」と表記するかはそのメーカーがどう掲げるか次第です。

この日本のオーガニック事情は、有機栽培から作られたコスメをオーガニックコスメとして売りだされているもの、
一方で基準がないという理由からオーガニックに相当するようなコスメでもオーガニックとしては推されていないものを混在させており、有機素材でできた商品は表記が全てではないと言えます。

ちなみに、他国ではオーガニックの基準が設けられています。

(例)フランスの「ECOCERT(エコサート)」

エコサートはフランスに拠点をおく、1991年に設立したオーガニック認証機関です。
認証を行う国は85カ国以上、認証件数は45000件であり、世界最大規模のオーガニック認証機関です。

日本に基準が無いために、このエコサートの認定を受けている日本のコスメがあります。
Lar neo natural
琉白
他にもベルギーやドイツといったヨーロッパを中心に認証機関がおかれています。

コスメマニアのおすすめオーガニックコスメ

もう1点オーガニックコスメでわかっておきたいことは、使用する人にとっての安全性は「素材による」ということです。
いくら有機素材でも、その中にアレルギーがある人であればアレルギー症状が出てしまうのです。

関連記事

review-form

Facebook