コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

手

メイク落としに何を使っていますか?
・クレンジングオイル
・クレンジングミルク
・ふき取りタイプ
などなど、今はさまざまなメイク落しがあります。
しかし、顔全体に同じメイク落としを使っていないでしょうか。
メイク落としは部分別に使い分けるのが一番なんです。

■アイメイクはポイントクレンジング

女性にアンケートをとったところ、女性がメイクで気合を入れるのは目、だそうです。

目と答えた女性は実に30%近くにのぼり、目と同じパーツであるまつ毛も16%の人が気合を入れると、2位に入りました。

そんなアイメイク、目力を入れるために何本ものアイラインを太く、濃く入れたり、アイシャドウにパウダー、付けまつ毛にマスカラと、たくさんの種類を狭い範囲に使います。

さらに目だけ力を入れても浮いてしまうと言うことから、チークやリップも多少手を加える人が多いでしょう。

しかしこれ、落とすときはどうしていますか?オイルクレンジングなどでしっかりと、ごしごしこすって落としますか?
“ごしごしこする”
実はこれ、間違いなんです。

◎専用リムーバーを使おう
濃いアイメイクを落とすには専用のリムーバーを使いましょう。

なぜ普段どおりのクレンジングがいけないのかというと・・・
目の周囲は皮膚が薄い
→こすることで刺激を与える
→色素沈着の原因となる
→クマ、くすみ、シワにつながる
ということが起こるからなんです。

では専用リムーバーならどうなのかと言うと・・・
こすらずするっとメイク落とし
→コットンを使って丁寧に落とせる
→潤いを与えるタイプも♪

こうしたメイクオフをした後で、クレンジングを使っていつものようにメイクオフをしましょう。
2

■部分別リムーバーの使い方

◎眉毛の際
・ファンデーションが絡んで落ちにくい場所です
・丁寧にふき取るようにコットンで落とします

◎アイホール
・コットンにリムーバーを適量落とします
・ふき取るように、こすらずに落としましょう
・多少残っていても後からクレンジングをします
・何度もこすると色素沈着の原因になります

◎下まぶた
・リムーバーをつけたコットンを半分に折ります
・下まぶたに下まつ毛を巻き込むように置きます

◎マスカラやアイライン
・リムーバーをしみこませたコットンを置きます
・綿棒の先にリムーバーをつけて丁寧に落とします

ポイントメイクは濃くなる分、落とし方もしっかりと心得て肌トラブルを回避しましょう。
そのためにはポイント別のメイクオフの方法を覚えておき、小物を使うと便利です。
ぜひあなたに合ったリムーバーを探してみてください。

関連記事

review-form

Facebook