コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

セラミドを使えばプルプル肌に!どんな化粧品がいいの?

セラミド

どんなにセラミドに

・優れた保湿力がある
・肌のあらゆるトラブルから守ってくれる
・敏感肌でも使える

といったメリットがあっても、実際に化粧品を選ぶとき、
どんなものを選べばいいのか分からないと言う人もいるでしょう。

今回はセラミド配合の化粧品の選び方をご紹介します。

■正しいセラミド配合化粧品の選び方

◎ヒト型セラミド配合

セラミドにはいくつか種類があるのですが、
人の肌に含まれる角質層内のセラミドと化学構造が同じなのはヒト型セラミドです。

擬似セラミド、植物セラミドといったものもありますが、保湿力が長けているのはヒト型セラミドです。

ヒト型セラミド以外にも、バイオセラミドという表記の場合もあります。

◎セラミドの種類

・ヒト型セラミド
・擬似セラミド
・植物性セラミド
・ミルクセラミド

これらのセラミドは生成元となる原料から違います。

ヒト型セラミドは酵母から作られていますが、
擬似セラミドは石油原料による化学合成、植物性セラミドは米ぬか油や小麦胚芽油など、
ミルクセラミドは牛乳由来です。

さらに現在は一般的なセラミドの20分の1と言う大きさで
浸透率を上げたセラミドナノスフィアもありますので、浸透力を高めるならおすすめです。

2

■配合量をチェック

◎セラミドの配合量は多いですか?

セラミド配合化粧品を選ぶときはセラミドの配合量を必ず見ましょう。

成分表示を見れば分かりますが、もともとセラミドは価値が高いものです。

ですから価格が安いセラミド配合化粧品は粗悪品であったり、配合量が少なかったりします。

大体1本3000円程度であれば妥当な値段と言えるでしょう。

◎テクスチャーをチェック

もしも試供品やお試し品があるようなら、テクスチャーを見てみてください。

セラミドは水に溶けず脂に溶けますから、
テクスチャーがトロッとしているものはセラミドの質もいいです。

逆に水のようにサラサラとしたセラミド化粧品は界面活性剤を多用していたり、
セラミドの配合量が少ない可能性が高いので注意しましょう。

たとえばセラミディアルモイスチャーは粘り気のある化粧品ですから、
セラミドの配合量も十分だとわかります。
→セラミディアルモイスチャーのレビューはコチラ

◎乾燥肌に悩み続けているならセラミド

もしもあなたが長年乾燥肌に悩まされている、
ニキビができやすい、肌年齢を感じるようになってきたというのなら、
一度セラミド配合化粧品をチェックしてみましょう。

セラミドは徐々に減っていく成分ですから、
しっかりと外から補ってあげることが何より大切なのです。

関連記事

review-form

Facebook