コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

こんなに使えるCCクリーム!もう使ってる?

女性の顔

美容業界では大人気のBBクリームに引続き、CCクリームが開発されています。
BBクリームもCCクリームも似たようなものじゃないの?で済ませている方、多いと思います。でも、それぞれの仕上がりって結構違うんです。

今回はそのCCクリームの正体や、上手な使い方について見ていきましょう。
知ることで化粧の幅も広がりますよ♪

■突然現れたCCクリーム、その正体は?!

一言でCCクリームと言っても、その定義はない!というのをご存知ですか?

商品によって特徴は様々で、コントロールカラークリームやコンプリートコレクションなど、色々な名称が付けられています。
一般的なCCクリームの役割としては、肌の色を整えることで肌の欠点をカモフラージュし、明るく見せるというものです。
ファンデーションのように肌色を塗って明るくするというよりかは、絶妙に肌の色のバランスを整えて、シミや赤みをなくすことで明るくなります。

■BBクリームとの違いは?

BBクリーム…美容効果のあるファンデーションで、肌の欠点を隠す。
CCクリーム…美容効果のある化粧下地で、肌の欠点を周りの肌の色となじませる。

一言で言うと、

BBクリームはカバーする役割で、CCクリームはカモフラージュする役割

になります。

どちらもひとつで美容液、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止め etc.の役割をするのが一般的ですが、欠点をカバーするコンシーラの役割が強いのがBBクリームであるのに対し、CCクリームは化粧下地の役割が強いです。

化粧道具

■こんなに使えるCCクリーム!

CCクリームは化粧下地としての位置づけとされることが多いですが、その使い方は場所や用途にあわせて様々です。

おうちにいるときや、ちょっと外に用事があるときなどは、CCクリームをさっと塗るだけ。
美容効果があるので、塗ることに負担を感じません。

ナチュラルに仕上げたいときや、すっぴん風メイクに仕上げたいときには、CCクリーム+崩れ防止のパウダーで。
すっぴん風といってもトーンアップはしてくれるのですっぴんのときの恥ずかしさが無いですし、むしろナチュラルなのに手を抜いていないというキチンと感があります。

しっかりメイクをしたいときには、化粧下地として使い、その上に通常どおりファンデーションを塗る。
美容効果があるので化粧の負担感はおさえられますし、カラーコントロールの面でも安心ですね。

→使い方いろいろ、万能CCクリーム

→ひと塗りでカバー力抜群!BBクリーム

関連記事

review-form

Facebook