コスメマニアがあらゆるコスメのレビューをお届け!リアルな使用感を実況します。

menu

たった3分でわかる!動画体験レビュー|私のレビューchan

赤みがかった顔何とかしたい!解決できるクリームとは?

布

洗顔のしすぎや肌荒れなどで赤ら顔がコンプレックスになっている方も多く見られます。
そんなときに役立てたいのがCCクリーム。
ではCCクリームは一体赤ら顔のどんなことに役立つのでしょうか。

■赤ら顔対策にCCクリーム

◎CCクリームが持つ機能
これってどんなクリーム?ときかれると、「スキンケアしながらメイクができる」と言う答えが返ってくるのがほとんど。
どんな機能があるかというと基本的にはベースメイク作りになります。
ですから化粧下地やコンシーラーの役割を果たすと考えるのがいいのですが、他にも紫外線をカットしたり、美容液成分を配合していたりと、女性の肌に優しい働きをしてくれます。
そして注目したいのがコントロールカラーの役割を持っていると言うことです。

◎コントロールカラーの役割とCCクリームの特徴
そもそもコントロールカラーと言うのは
・色と色を組み合わせることによって肌のトラブルを隠す
・肌トラブルに合わせてピンク、グリーン、パープルなどがある
もので、どこのメーカーからも販売されています。
しかし厚塗り感が出てしまうなど気になる人も多く、決してメリットばかりではありません。
一方CCクリームは
・光の乱反射を利用して肌トラブルを隠すという特徴を持っています。
この光のプリズムで変わる色によって隠れる部分がコントロールカラーに当たるわけです。
クリームの色はほとんどがオークルやベージュなどですが、中にはコントロールカラー目的が強く、色の付いたクリームも販売されています。
だからCCクリームは赤ら顔にも効果覿面!

2

■赤ら顔にはどんなカラーを選べばいいのか

◎赤ら顔の原因
顔が赤くなってしまう原因は様々で、体質によるもの、ということもあります。
ですが多くの原因として取り上げられるのはピーリングです。

ピーリングは
・ピーリング剤を使って古い角質を削ると言うものなのですが、このとき皮膚自体が削れていると言うことになります。
しかも削られる角質は0.02mmしかありませんから、血管浮き出てくるようになり、免疫力が低下、ニキビ、炎症につながってしまうのです。

◎顔色にあわせたカラー
赤ら顔対策を取るにはコントロールカラーがいいのですが、一般的なコントロールカラーの中には添加物が含まれているものもあり、肌が弱っている人には向きません。
そこで無添加のCCクリームで赤ら顔対策をしましょう。
赤ら顔にぴったりのコントロールカラーは「グリーン」です。
緑と赤の相乗効果で赤ら顔だけではなくニキビ跡も綺麗にカバーすることができます。
ぜひあなたに合ったCCクリームを見つけて赤ら顔対策をしてみてください。

関連記事

review-form

Facebook